医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

隘路に嵌まり込んだ薬科大学と薬学部

生き残りへ薬剤師国試合格率「上昇」の裏技も繰り出す

2022年5月1日号

 第107回薬剤師国家試験の結果が3月24日に発表された。国公私立大学全体では1万4124人が受験し、合格者は9607人、合格率は68.02%だった。新卒に限れば、8665人が受験し合格者は7386人で、合格率は85.24%である。  主に薬剤師を輩出する私立薬科大学、薬学部の結果は、国立大学の合格率91.55%、公立3大...  第107回薬剤師国家試験の結果が3月24日に発表された。国公私立大学全体では1万4124人が受験し、合格者は9607人、合格率は68.02%だった。新卒に限れば、8665人が受験し合格者は7386人で、合格率は85.24%である。  主に薬剤師を輩出する私立薬科大学、薬学部の結果は、国立大学の合格率91.55%、公立3大学の

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)