医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

検証 医薬品と[特許]

後発品と特許

第4回

元大阪大学大学院 経済学研究科講師 西口博之

2022年5月1日号

 医薬品は、一般用医薬品と医療用医薬品とに分けられ、前者は薬局やドラッグストアの店頭で販売され、患者が直接購買(OTC= Over The Counter)できるが、後者は医師の処方により患者が使用できる医薬品である。その後者には新薬(先発品)と後発品とがあり、その関係は文字どおり新薬がその特許権の存続期限(20〜25...  医薬品は、一般用医薬品と医療用医薬品とに分けられ、前者は薬局やドラッグストアの店頭で販売され、患者が直接購買(OTC= Over The Counter)できるが、後者は医師の処方により患者が使用できる医薬品である。その後者には新薬(先発品)と後発品とがあり、その関係は文字どおり新薬がその特許権の存続期限(20〜25年間

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)