医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

後継も定まらない「タケダ」の存在意義

ウェバー社長は8年、シャイアー買収から3年

2022年5月15日号

クスリを生み出す会社であるはず  武田薬品が経営のグローバル化との美名のもと、クリストフ・ウェバー社長を筆頭とする外国人幹部らの“進駐”を許してから8年の歳月が流れようとしている。この間、シャイアーの買収によって見かけ上の巨大化は進み、研究開発パイプライン上の化合物リストも数だけは増... クスリを生み出す会社であるはず  武田薬品が経営のグローバル化との美名のもと、クリストフ・ウェバー社長を筆頭とする外国人幹部らの“進駐”を許してから8年の歳月が流れようとしている。この間、シャイアーの買収によって見かけ上の巨大化は進み、研究開発パイプライン上の化合物リストも数だけは増えた

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)