医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

Pharmacoeconomics ━療法の価値━

遺伝子変異の確認−合理的な治療も不経済

肺がん分子標的療法の遺伝子検査(❶②)

2022年6月1日号

▽腫瘍形成ドライバーの遺伝子変異を確認して叩く。合理的なプレシジョン・メディシンである ▽分子標的療法は肺がん生存率の改善に寄与してきたが、改善は限定的、如何せん費用がかかる ▽人気の薬剤経済学的テーマは一転、遺伝子プロファイリングは費用効果的という見方を退けた 【出典】Olivia M. Don... ▽腫瘍形成ドライバーの遺伝子変異を確認して叩く。合理的なプレシジョン・メディシンである ▽分子標的療法は肺がん生存率の改善に寄与してきたが、改善は限定的、如何せん費用がかかる ▽人気の薬剤経済学的テーマは一転、遺伝子プロファイリングは費用効果的という見方を退けた 【出典】Olivia M. Dong,

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)