医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

医療を変える「訪問薬剤師」その意義

ジェネリックは誰のため?

第10回

尾久田 佳明

2022年6月1日号

「ジェネリック医薬品」という言葉をCMで聞くようになって久しい。いまでは誰もが一度は耳にしたことがある言葉になっているだろう。ジェネリックは、新薬(先発品)の特許が切れたあとに製造販売される同一の有効成分、同一の効能・効果を示す医薬品のことである。国の医療費抑制の政策の一環として02年頃(診療報酬上... 「ジェネリック医薬品」という言葉をCMで聞くようになって久しい。いまでは誰もが一度は耳にしたことがある言葉になっているだろう。ジェネリックは、新薬(先発品)の特許が切れたあとに製造販売される同一の有効成分、同一の効能・効果を示す医薬品のことである。国の医療費抑制の政策の一環として02年頃(診療報酬上では

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)