医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

Pharmacoeconomics ━療法の価値━

がん遺伝子変異の確認−推進に懐疑論

肺がん分子標的療法の遺伝子検査(①❷)

2022年6月15日号

▽遺伝子変異の確認に基づいた肺がん治療方針の決定はようやく専門医診療に定着を始めた ▽標的療法の大きな費用から経済性は疑わしい—最新分析は従来の見方に強く異論を唱える ▽広くプロファイリングを薦めてきた専門学会ガイドラインも少なくとも当面、正当化を問われる 【出典】Olivia M. Dong, et a... ▽遺伝子変異の確認に基づいた肺がん治療方針の決定はようやく専門医診療に定着を始めた ▽標的療法の大きな費用から経済性は疑わしい—最新分析は従来の見方に強く異論を唱える ▽広くプロファイリングを薦めてきた専門学会ガイドラインも少なくとも当面、正当化を問われる 【出典】Olivia M. Dong, et al.,

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)