医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

日本の医薬品品質規制の大問題

日本の医薬品品質行政等の今後のめざすべき方向性(2)

第8回

元厚生労働省(薬系技官)津田重城

2022年7月15日号

 前回7月1日号でも述べた後発品の供給問題の根っこにはまずい医薬品品質規制(と一部経営者の質の悪さ・企業の力不足)があり、関係企業のコストにも不必要な負荷をかけているのは間違いない。ここでは薬機法行政、とくに品質規制について短期的施策と中長期的施策に分けて論じたい。  まずは短期的施策か...  前回7月1日号でも述べた後発品の供給問題の根っこにはまずい医薬品品質規制(と一部経営者の質の悪さ・企業の力不足)があり、関係企業のコストにも不必要な負荷をかけているのは間違いない。ここでは薬機法行政、とくに品質規制について短期的施策と中長期的施策に分けて論じたい。  まずは短期的施策から

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)