医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

国内後発品業界に「冬の時代」が到来

飽和する市場、毎年改定などマイナス材料ばかり

2022年8月1日号

 21年度決算で詳細なデータ開示している後発品企業5社(サワイホールディングス、日医工、東和薬品、日本調剤の子会社日本ジェネリック、日本ケミファ)の事業を詳細に分析すると、日医工とサワイHDは海外事業の損失拡大、不祥事の影響を受けた日医工の業績悪化、日本ジェネリックと日本ケミファの緩やかな回復が特徴だ...  21年度決算で詳細なデータ開示している後発品企業5社(サワイホールディングス、日医工、東和薬品、日本調剤の子会社日本ジェネリック、日本ケミファ)の事業を詳細に分析すると、日医工とサワイHDは海外事業の損失拡大、不祥事の影響を受けた日医工の業績悪化、日本ジェネリックと日本ケミファの緩やかな回復が特徴だ。

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)