医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

日本の医薬品品質規制の大問題

今後めざすべき方向性―後発品問題の全体像について―

第9回

元厚生労働省(薬系技官)津田重城

2022年8月1日号

 前回7月15日号の末尾で、「次回はもう少し短期的施策について述べ」と書いたが、急遽本年5月30日午前1時過ぎからの富山テレビ放送の『ほころび〜薬不足の真相〜』という優れた番組を紹介し、品質のみならず問題の全体像について概説してみたい。 ◇   ◇   ◇  最近こそ後発品問題は中央のマスコミでも取り...  前回7月15日号の末尾で、「次回はもう少し短期的施策について述べ」と書いたが、急遽本年5月30日午前1時過ぎからの富山テレビ放送の『ほころび〜薬不足の真相〜』という優れた番組を紹介し、品質のみならず問題の全体像について概説してみたい。 ◇   ◇   ◇  最近こそ後発品問題は中央のマスコミでも取り上げ

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)