医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

海外時報

米国 比較有効性研究と旧態依然の製薬業界

薬剤選択状況を変えるか、遺伝子検査という新たな切り口

2009年3月15日号

 米国製薬業界は、オバマ政権の医療制度改革を基本的に支持し、公的制度の肥大化と共和党が反対した小児医療保険制度の拡充を讃える意見広告にも、消費者団体とともに参加したが、景気対策法に盛り込まれた比較有効性研究では一触即発、民主党政策といつ衝突してもおかしくない状況を再認識させた。  医療...  米国製薬業界は、オバマ政権の医療制度改革を基本的に支持し、公的制度の肥大化と共和党が反対した小児医療保険制度の拡充を讃える意見広告にも、消費者団体とともに参加したが、景気対策法に盛り込まれた比較有効性研究では一触即発、民主党政策といつ衝突してもおかしくない状況を再認識させた。  医療の

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)