医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

Pharmacoeconomics ━療法の価値━

負担限度額導入でも消えない高額薬剤費問題

米IRA薬価抑制条項の背景(①❷③)

2022年9月15日号

▽外来薬剤給付の年2,000ドル負担限度額の導入は、高額薬剤利用の財政的制約を緩和する ▽しかし医師診療とともに提供されるパートB薬剤の上限のない負担要件は続く 【出典】Stacie B. Dusetzina, et al., Many Medicare beneficiaries do not fill high-price specialty drug prescriptions, Health Affai... ▽外来薬剤給付の年2,000ドル負担限度額の導入は、高額薬剤利用の財政的制約を緩和する ▽しかし医師診療とともに提供されるパートB薬剤の上限のない負担要件は続く 【出典】Stacie B. Dusetzina, et al., Many Medicare beneficiaries do not fill high-price specialty drug prescriptions, Health Affairs

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)