医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

医工連携

骨軟化症を改善する物質発見

医工連携の実践者75 榊利之 富山県立大学特別研究教授

2022年9月15日号

 ビタミンD依存性くる病・骨軟化症という指定難病(番号239)がある。ビタミンDの代謝あるいは感受性の障害により、骨が強くならない。小児期なら「くる病」と呼ばれ、成人期以降が「骨軟化症」だ。  難病情報センターのサイトによれば、患者数は世界で100例程度らしい。ただ、軽症〜中等症...  ビタミンD依存性くる病・骨軟化症という指定難病(番号239)がある。ビタミンDの代謝あるいは感受性の障害により、骨が強くならない。小児期なら「くる病」と呼ばれ、成人期以降が「骨軟化症」だ。  難病情報センターのサイトによれば、患者数は世界で100例程度らしい。ただ、軽症〜中等症の患

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)