医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

日本の医薬品品質規制の大問題

医薬品品質行政の今後のめざすべき方向性(5)―(続2)日本薬局方を中心に+結び―

第12回

元厚生労働省(薬系技官)津田重城

2022年9月15日号

 9月1日号(前号)に引き続き、今回は日本薬局方(日局)の国際整合性に関する技術的側面について述べたい。前号では「欧米間の原薬各条の完全調和は難しく、試験法でも完全調和は少ない」と書いた。そこで、考えられる方向は次の2つと考える。  9月1日号(前号)に引き続き、今回は日本薬局方(日局)の国際整合性に関する技術的側面について述べたい。前号では「欧米間の原薬各条の完全調和は難しく、試験法でも完全調和は少ない」と書いた。そこで、考えられる方向は次の2つと考える。

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)