医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

日本の繁栄 医療改革と生涯健康の「道標」

医療の国有化と責任ある受益者負担を

第3回 若いときから老後に備えることができる仕組みを

昇陽取締役会長(元タニタ社長)谷田大輔

2022年10月15日号

 私は計測機器メーカーであるタニタを1985年から指揮し、92年に世界初の「乗るだけで計測できる体脂肪計」と、94年に同じく世界初となる「家庭用体脂肪計付ヘルスメーター」を発売し、ヘルスメーターで世界売上高トップまでに成長させた。その間、バブル経済の崩壊、金融危機、企業のグローバル化を肌身で感じ、対応し...  私は計測機器メーカーであるタニタを1985年から指揮し、92年に世界初の「乗るだけで計測できる体脂肪計」と、94年に同じく世界初となる「家庭用体脂肪計付ヘルスメーター」を発売し、ヘルスメーターで世界売上高トップまでに成長させた。その間、バブル経済の崩壊、金融危機、企業のグローバル化を肌身で感じ、対応してき

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)