医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

激戦CDMO市場の甘くない「未来予想図」

「ダボハゼ状態」にある国内化学メーカーの目論見

2022年11月1日号

「猫も杓子も」とはまさにこのことか──。国内化学メーカーの間で開発・製造受託(CDMO)を新たな収益源にしようと積極的な投資が相次ぐ。昭和電工、富士フイルム、AGC、JSRなどがそこには名を連ね、M&Aや増強計画を続々と打ち出している。その対象も低分子薬は言うに及ばず、バイオ医薬品、再生医療等製品など幅広く、... 「猫も杓子も」とはまさにこのことか──。国内化学メーカーの間で開発・製造受託(CDMO)を新たな収益源にしようと積極的な投資が相次ぐ。昭和電工、富士フイルム、AGC、JSRなどがそこには名を連ね、M&Aや増強計画を続々と打ち出している。その対象も低分子薬は言うに及ばず、バイオ医薬品、再生医療等製品など幅広く、まさ

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)