医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

医工連携

がん幹細胞をたたく化合物発見

医工連携の実践者79 掛谷秀昭 京都大学教授

2022年11月15日号

 固形がんが、抗がん剤投与や放射線照射で多くの場合に根治しないのは、それらの療法に抵抗性を持つ未分化の「がん幹細胞」が腫瘍の中に混じっていて生き残り、やがて分化・増殖を再開するからと考えられるようになってきた。  よって、この「がん幹細胞」を標的とする治療法が確立されれば、固形がんの再...  固形がんが、抗がん剤投与や放射線照射で多くの場合に根治しないのは、それらの療法に抵抗性を持つ未分化の「がん幹細胞」が腫瘍の中に混じっていて生き残り、やがて分化・増殖を再開するからと考えられるようになってきた。  よって、この「がん幹細胞」を標的とする治療法が確立されれば、固形がんの再発

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)