医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

日本の薬機規制 その批判的考察

日本の薬機規制について ―総論3[薬系技官論2]―

第4回

2022年11月15日号

 薬系技官と薬事規制の歴史を少し辿ってみたい。少なくとも、1961年頃のサリドマイド事件などを契機に制定された67年の薬務局長通知による「医薬品の製造承認等に関する基本方針について」発出の前から、薬系技官は薬務行政の中心を担ってきたと思われる。その後、再審査制度や副作用被害救済制度のような米欧各国に(...  薬系技官と薬事規制の歴史を少し辿ってみたい。少なくとも、1961年頃のサリドマイド事件などを契機に制定された67年の薬務局長通知による「医薬品の製造承認等に関する基本方針について」発出の前から、薬系技官は薬務行政の中心を担ってきたと思われる。その後、再審査制度や副作用被害救済制度のような米欧各国に(ほと

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)