医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

平時医療体制の破綻に備える〜電光石火こそ最良の有事医療〜

陸自射撃場小銃発射事件②

第176回

琉球大学医学部非常勤講師  照井資規

2023年7月15日号

 岐阜市の陸上自衛隊射撃場で6月14日、18歳の自衛官候補生が3人を死傷させた銃撃事件では、陸自の安全管理体制の不備は防弾ベストだけではない。野戦型救急車が用意されていなかったことがわかっている。これは射撃訓練を行ううえであるまじき規則違反だ。自衛隊の医療崩壊もついにここまで悪化したかという印象だ。  また、撃たれた3人の隊員を射撃場から消防の救急車に乗せる担架すらなかった。標的用のベニヤ板やベンチらしきプラスチックの板におびただしい血液が付着した物が報道の空撮により映っていた。第35普通科連隊にも野戦型救急車が配置されており、本来それは射撃訓練に同行すべきものだ。  野戦型救急車は中型トラックに担送患者を同時に4人載せられる機能を備えたもので、1人の重傷者用に高規格救急車の設備のような野外生命維持セットも搭載さ...  岐阜市の陸上自衛隊射撃場で6月14日、18歳の自衛官候補生が3人を死傷させた銃撃事件では、陸自の安全管理体制の不備は防弾ベストだけではない。野戦型救急車が用意されていなかったことがわかっている。これは射撃訓練を行ううえであるまじき規則違反だ。自衛隊の医療崩壊もついにここまで悪化したかという印象だ。  また、撃たれた3人の隊員を射撃場から消防の救急車に乗せる担架すらなかった。標的用のベニヤ板やベンチらしきプラスチックの板におびただしい血液が付着した物が報道の空撮により映っていた。第35普通科連隊にも野戦型救急車が配置されており、本来それは射撃訓練に同行すべきものだ。  野戦型救急車は中型トラックに担送患者を同時に4人載せられる機能を備えたもので、1人の重傷者用に高規格救急車の設備のような野外生命維持セットも搭載されて

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)

googleAdScence