医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

鳥集徹の口に苦い話〜媚びないジャーナリストの劇薬処方箋〜

医療への妄信を解くことが薬害の再発防止に不可欠

第187回

2023年8月1日号

 7月22日、『医者が言わない薬の真実』(宝島社新書)を上梓した。医薬業界の方々にも、ぜひ手に取っていただきたい。  このコラムでもずっと主張してきたように、筆者は新型コロナウイルスワクチンの安全性に大いに疑問を持っている。このワクチンに関する予防接種健康被害救済制度の受理件数は7月14日時点で8138件となり、うち3362件が認定されている。他の24のワクチンについての過去44年間(1977~2021年)の認定件数が3522件であることを考えると、新型コロナワクチンの被害が尋常でないことは明らかだろう。  有効性についても同様だ。政府や専門家は、国民の7、8割が接種すれば集団免疫ができるかのような期待を煽った。しかし現実には、接種開始後のほうが新型コロナ感染者は増加した。  それどころか、新型コロナ感染死まで増加してしまった。隠れ感染...  7月22日、『医者が言わない薬の真実』(宝島社新書)を上梓した。医薬業界の方々にも、ぜひ手に取っていただきたい。  このコラムでもずっと主張してきたように、筆者は新型コロナウイルスワクチンの安全性に大いに疑問を持っている。このワクチンに関する予防接種健康被害救済制度の受理件数は7月14日時点で8138件となり、うち3362件が認定されている。他の24のワクチンについての過去44年間(1977~2021年)の認定件数が3522件であることを考えると、新型コロナワクチンの被害が尋常でないことは明らかだろう。  有効性についても同様だ。政府や専門家は、国民の7、8割が接種すれば集団免疫ができるかのような期待を煽った。しかし現実には、接種開始後のほうが新型コロナ感染者は増加した。  それどころか、新型コロナ感染死まで増加してしまった。隠れ感染者

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)

googleAdScence