医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

平時医療体制の破綻に備える〜電光石火こそ最良の有事医療〜

日本が分割統治される危機⑤

第184回 ロシアの新たな核抑止力

琉球大学医学部非常勤講師  照井資規

2023年11月15日号

 日本国外で将来に大きな影響を及ぼす、力による一方的な現状変更が実現しつつある。22年2月24日に開始されたロシアによるウクライナ侵攻である。  ウクライナの最大支援国である米国政府は11月3日、ロシアの侵略が続くウクライナへの4億2500万ドル(約633億円)の追加軍事支援を発表したが、これで議会が承認済みの資金枠である「ウクライナ安全保障支援イニシアチブ(USAI)」が枯渇することになった。以降は大統領の権限による米軍在庫から供与する小出しの支援を続けることになる。  西側諸国からも支援疲れが見られ、ロシアの意志が強要される方向に傾き始めた。  米国がウクライナに武器を共有し続けることを制限するようになったのは、10月7日にイスラエルに侵攻した約1500人のハマス戦闘員の手に、多くの米国製武器が見られたためだ。米共和党の女性議...  日本国外で将来に大きな影響を及ぼす、力による一方的な現状変更が実現しつつある。22年2月24日に開始されたロシアによるウクライナ侵攻である。  ウクライナの最大支援国である米国政府は11月3日、ロシアの侵略が続くウクライナへの4億2500万ドル(約633億円)の追加軍事支援を発表したが、これで議会が承認済みの資金枠である「ウクライナ安全保障支援イニシアチブ(USAI)」が枯渇することになった。以降は大統領の権限による米軍在庫から供与する小出しの支援を続けることになる。  西側諸国からも支援疲れが見られ、ロシアの意志が強要される方向に傾き始めた。  米国がウクライナに武器を共有し続けることを制限するようになったのは、10月7日にイスラエルに侵攻した約1500人のハマス戦闘員の手に、多くの米国製武器が見られたためだ。米共和党の女性議員は

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)

googleAdScence