医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

鳥集徹の口に苦い話〜媚びないジャーナリストの劇薬処方箋〜

こっそり修正されていた厚労省のワクチン「誤情報」

第199回

2024年2月1日号

 新型コロナウイルスワクチンの情報について「科学的根拠や信頼できる情報源に基づいていない不正確なもの」があるとして、厚生労働省は「新型コロナワクチン(mRNAワクチン)注意が必要な誤情報」なる文書を作成。X(旧ツイッター)などで発信し、注意を促してきた。そのひとつに月経に関する項目があり、厚労省は「ワクチンが直接的に不正性器出血(不正出血)や月経不順を起こすことはありません」と断言していた。  ところが、同じ文書の最新バージョン(23年12月8日版)で、この項目の内容が変更されていたことに元国会議員秘書でユーチューバーの藤江成光氏が気づき、今年1月9日の定例記者会見で武見敬三厚労相を追及した。その変更の内容は次のとおりだ。 「ワクチンの接種後に一時的に月経周期等へのわずかな影響があるとの報告もありますが、速やかに元に戻ることが...  新型コロナウイルスワクチンの情報について「科学的根拠や信頼できる情報源に基づいていない不正確なもの」があるとして、厚生労働省は「新型コロナワクチン(mRNAワクチン)注意が必要な誤情報」なる文書を作成。X(旧ツイッター)などで発信し、注意を促してきた。そのひとつに月経に関する項目があり、厚労省は「ワクチンが直接的に不正性器出血(不正出血)や月経不順を起こすことはありません」と断言していた。  ところが、同じ文書の最新バージョン(23年12月8日版)で、この項目の内容が変更されていたことに元国会議員秘書でユーチューバーの藤江成光氏が気づき、今年1月9日の定例記者会見で武見敬三厚労相を追及した。その変更の内容は次のとおりだ。 「ワクチンの接種後に一時的に月経周期等へのわずかな影響があるとの報告もありますが、速やかに元に戻ることが知ら

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)

googleAdScence