医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

INTERVIEW

ナナホシマネジメント代表取締役CEO 松橋 理

わかもと製薬に株主提案 新興アクティビストに直撃

2024年6月1日号

デビュー戦の焼津水産はTOB経て上場廃止  わかもと製薬が6月下旬に予定する株主総会にアクティビスト(物言う株主)から株主提案が舞い込んだ。提案者は松橋理氏が代表を務めるナナホシマネジメント。提案の内容は「実験動物の動物別購入頭数の開示」「政策保有株式にかかる温室効果ガス排出量持分の開示」「資本コストや株価を意識した経営」など6項目。わかもとは全項目に反対意見を表明した。  ナナホシは業務用調味料大手・焼津水産化学工業への株主提案で昨年デビューしたばかり。焼津水産はその後2度のTOB(株式公開買付)を経て、村上ファンドや3Dインベストメントなど大物アクティビストの途中参戦も背景に6月6日上場廃止となる。株主提案の真意を松橋氏に直撃した。 ——ナナホシマネジメントとは、そもそもどういう会社か。 ... デビュー戦の焼津水産はTOB経て上場廃止  わかもと製薬が6月下旬に予定する株主総会にアクティビスト(物言う株主)から株主提案が舞い込んだ。提案者は松橋理氏が代表を務めるナナホシマネジメント。提案の内容は「実験動物の動物別購入頭数の開示」「政策保有株式にかかる温室効果ガス排出量持分の開示」「資本コストや株価を意識した経営」など6項目。わかもとは全項目に反対意見を表明した。  ナナホシは業務用調味料大手・焼津水産化学工業への株主提案で昨年デビューしたばかり。焼津水産はその後2度のTOB(株式公開買付)を経て、村上ファンドや3Dインベストメントなど大物アクティビストの途中参戦も背景に6月6日上場廃止となる。株主提案の真意を松橋氏に直撃した。 ——ナナホシマネジメントとは、そもそもどういう会社か。

有料会員限定

会員登録(有料)
この記事をお読みいただくためには、会員登録(有料)が必要です。
新規会員登録とマイページ > 購読情報から購入手続きをお願いいたします。
※IDをお持ちの方はログインからお進みください

【会員登録方法】
会員登録をクリックしていただくと、新規会員仮登録メール送信画面に移動します。
メールアドレスを入力して会員登録をお願い致します。
1ユーザーごとの登録をお願い致します。(1ユーザー1アカウントです)

googleAdScence