医薬経済オンライン

医療・医薬業界をさまざまな視点・論点から示すメディア

2014

11月1日号

話題の焦点

「看護学科乱立で看護師過剰へ」

今度は保険者に「後発品を使え」

財務省が使用促進でさらなる提案

逃れられない「調剤テクニシャン」論議

外堀埋める政府、単純作業に専門職は「必要なし」

OBSERVER

今村恭子・日本エイカーズ業務執行理事

HPVワクチン問題は「非科学」の領分

エビデンスは情緒を超えられるのか

高血圧学会の再生は「茨の道」

不正研究のゴタゴタで威信低下、若手育成はできるか

「IFPW」で再考する卸の経営課題

スペシャリティ医薬品と後発品で成否

増税延期でも「毎年下げ」禍は去らず

分水嶺は17年4月の薬価改定

国内バイオベンチャーの戦略を見る (第9回)

メタボローム解析で探索に成功するか

増税の先にチラつく「薬価構造改革」

頻回改定、給付制限への道が着々と整備されている

隠された不正データを「丸裸」に

警察も頼るフォレンジック技術の実力

Holmes&Vaccine (第21回〜未妥結減算の意味〜)

躓く分業と薬局

業界浄化の「引き金」となった外資2社

不祥事の嵐が去っても厳しい現実

海外時報 (「据え置き」でも収まらない高薬価批判)

ハーボニが価格戦争の引き金に

医薬経済気象台

不透明感増す再増税の行方

医政羅針盤

存在感増す看護師、「人材育成」は追いつくか

審査建言

国際的に通用する「副作用」定義の導入を

経済記事の読み方 (金融当局も注視する)

シティバンクのリテール部門は「買い」か

薬剤経済学 (第4回 HCV療法の費用急増にたじろぐ欧米)

C型肝炎ソバルディをどう提供するか

Dear Tomorrow 新しいヘルスケアマーケティング (第14回 希少疾患薬のマーケティング⑥)

患者団体の「光と影」

OUTLOOK・欧米のMR事情 (第321回)

CSOビジネスの状況③

環境激変 MR進化論 (第165回)

どうすれば意欲を保てるか

読む医療—医師が書いた本の斜め読み— (第12回)

戦後の復興の原動力につながる軍医たちの力

一筆入魂 (一瞬の微笑みに感動をもらう)

障害者を伴走は誰のため?

Patient Relations

マギーズ東京プロジェクト

フロントライン

日本のエボラ出血熱対策は本当に大丈夫なのか

官庁ふるさと人脈 (第17回)

石川県 トップは国家安全保障局長の谷内氏

医療企業・その現状と展望 総合メディカル (—積極的買収戦略で事業基盤を強化—)

調剤薬局含む医療サービスを総合展開

From Local to Global (第73回)

エボラ/デング/インフル:追悼・上田博三元健康局長

老医師のつぶやき (第31回)

風化する昭和

時流遡航

自然の猛威と人間

眺望「医薬街道」

妥結率基準は「毎年」上げればいい

この国につけるクスリ 社会保障よもやま話

保険医の年収規制が必要だ